Category: Japan Culture

1 2 10 / 13 POSTS
戦後の日常を写した写真をカラー化

戦後の日常を写した写真をカラー化

今回は戦後である1950年までに撮影された写真をカラー化しました。この時代になると戦後の傷跡もなくなり始め、人々に活気があふれていることがわかります。それでは、早速見ていきましょう。 1 枚目、庭先の女の子 盆栽があり庭も広そうな立派な家ですね。少し前まではこういった家も多かったのです [...]
明治時代の東京の風景をカラー化

明治時代の東京の風景をカラー化

今回は明治時代の東京の風景をカラー化していきます。 元ネタは明治時代を代表する写真家小川一真が刊行した『東京風景』です。こちらの写真集は明治44年4月に刊行され、タイトル通り東京の風景を多く撮影しています。今回はその中からいくつかの写真を紹介してきます。それでは早速見ていきましょう。 [...]
戦前の日光の景勝を一覧で公開(ポストカード)

戦前の日光の景勝を一覧で公開(ポストカード)

今回は写真ではなく、戦前に販売されていた『日光の景勝』というポストカードを公開します。こちらは80年以上前に書かれた絵ですが、日光東照宮は幸いなことに一度も戦火にさらされていないので、ほとんど今と変わりません。しかし、ほんの少しだけ今と違う景色があるのも事実です。そのほんの少しの違いを楽しみながら [...]
なぜか既視感がある、昭和10年に行われた写真撮影会をカラー化

なぜか既視感がある、昭和10年に行われた写真撮影会をカラー化

写真を撮るのが好きの方は、何度か撮影会に参加したことがあるのではないでしょうか? 撮影会では公園やスタジオにモデルさんを呼び、プロの写真家の指導のもと撮影を行っていきます。最近では日曜日などの休みによく見る光景ですが、86年前の昭和10(1935)年にも同じようにモデルを囲んだ撮影会が行われていまし [...]
1902年は日傘が大流行?傘を持った明治時代の人々をカラー化

1902年は日傘が大流行?傘を持った明治時代の人々をカラー化

1902年に日本を訪れたDidrik Bildtというアメリカ人がいました。1902年にアジアへ旅行し、日本には半年間ほど滞在をしていたそうです。Didrikは日本を旅行している間に400枚以上の風景写真をのこしており、その写真を見ることで1902(明治35)年の日本の様子を詳しく伺うことができます [...]
100年以上前の髪結いの様子をカラー化

100年以上前の髪結いの様子をカラー化

今回は髪結いの写真を見ていきます。写真の数は少ないですが、江戸時代からの貴重な写真をカラー化していきます。 では早速こちらから 1850年江戸時代 こちらは幕末の1850年代に撮影された髪結いの様子です。左側の人は顔剃りをしてもらっています。 江戸時代にはすでに床屋が存在しており、理髪、顔剃り、 [...]
江戸時代から昭和への子どもたちの移り変わり

江戸時代から昭和への子どもたちの移り変わり

今回は江戸時代から昭和までの子どもたちの写真をカラー化しました。いつの時代も子どもたちの笑顔は変わらないと言いますが、4つの時代の子どもたちの移り変わりを見ていきましょう。   江戸時代 こちらはライムント・フォン・シュティルフリートというオーストリアの写真家が撮影した写真です。 [...]
100年前の日本の職人をカラー化

100年前の日本の職人をカラー化

物作りが盛んな日本では、昔ながらの職人がたくさんいます。今回はそのような日本の職人の様子をカラー化しました。これらの写真は100年前の明治時代に撮られたものです。早速見ていきましょう。 1.桶職人 日本の桶は釘をいっさい使わないようですね。 こちらも桶のようですが、形がとても綺 [...]
明治時代の和服を着た女性たち

明治時代の和服を着た女性たち

今回は、1908年の明治41年に日本を訪れたドイツ系アメリカ人のアーノルド・ジェンス(Genthe, Arnold)の写真をカラー化しました。 アーノルド・ジェンスは、1869年にベルリンで生まれ、1895年に牧師としてサンフランシスコに渡米した後、カメラを始めました。ジェンスの関心は自身の文化と [...]
戦前の時代を生きていた日本人たちの様子をカラー化

戦前の時代を生きていた日本人たちの様子をカラー化

今回は戦前の時代を生きた人々をカラー化しました。題材にしたのは、1935年に刊行された『現代日本名作写真画集. 昭和10・11年度版 』(写真新報社)、と1936年に刊行された『全関西写真競技大会優秀印画集カメラ・コンクール』(朝日新聞社)です。なので、おそらく1932年〜1935年の間に撮られた写 [...]
1 2 10 / 13 POSTS