戦後の日常を写した写真をカラー化

戦後の日常を写した写真をカラー化

今回は戦後である1950年までに撮影された写真をカラー化しました。
この時代になると戦後の傷跡もなくなり始め、人々に活気があふれていることがわかります。それでは、早速見ていきましょう。

1 枚目、庭先の女の子

盆栽があり庭も広そうな立派な家ですね。
少し前まではこういった家も多かったのですね。徐々に洋風の家が増えて、和風の広い家を見ることは少なくなってきました。

2枚目、洋服を着た男の子

1枚目の写真でもそうですが、この時代だと小さな子供は当たり前のよう洋服を着ていますね。靴は相変わらず草履が多いようです。

3枚目、小学校への入学式

こちらは入学式のようですね。猿澤小学校というのは岩手県と新潟県にあるみたいですが、こちらはどうやら岩手県の方。

4枚目、卒業式

この時代の学生さんはズボンを履いていることが多いです。戦前は全員スカートだったので、これも戦争の影響なのでしょうか?

5枚目、町のお祭り

町は賑わっていますね。おそらく何かのお祭りだと思いますが、今となっては何が行われているのかよくわかりません。場所は宮城県です。

6枚目、駅伝

こちらはタスキを持っている様子から、おそらく駅伝大会でしょう。

今もさまざまな駅伝が行われていますが、走るランナー、道沿いの人々、背景の家々は大きく異なりますね。また、一番右側の子はカメラが珍しかったのか、隣のお姉さんに手をかけているようです。

7枚目、上野駅

こちらは東京の上野駅です。上野駅は1932年に完成し、その後、姿を変えていません。上野駅に向かう家族が楽しそうですね。

8枚目、仕事

最後に仕事をしている写真です。
こちらの写真はおそらく水を引く水路を作っているのだと思います。今はシャベルカーがありますが、この時は素手で作っていたのですね。

——————–
最後に宣伝ですが、現在Readyforでクラウドファンディングをしています。130年前に撮影された日光の様子をカラー化するプロジェクトです。よければこちらも応援をよろしくお願いいたします。来月の7月19日(金)午後11:00までです。

130年前の日光の写真をカラー化して写真集として残したい
https://readyfor.jp/projects/pearbook

130年前の日光の写真

COMMENTS

WORDPRESS: 0
DISQUS: 0