社会学者のルイス・ハインが撮影した社会問題の数々をカラー化

社会学者のルイス・ハインが撮影した社会問題の数々をカラー化

今回はアメリカの社会学者であるルイス・ハインが撮影した都会の様子をカラー化していきます。ルイス・ハインは社会を変えるための武器としてカメラを使用しました。都会に住む人々を撮影し、アメリカに潜む多くの社会問題を浮き出しにしました。特に児童労働に対しての問題発起には大きく貢献しました。今回はそのような写真を8枚カラー化しました。

こちらは1908年撮影。インディアナ州のガラス工事の子供労働者。
ンディアナ州のガラス工事の子供労働者

元の画像。

ンディアナ州のガラス工事の子供労働者

同じガラス工場で撮影された野球チーム。主にガラス製造工場の児童労働者で構成されていました。

ガラス製造工場の児童労働者

元の画像。

ガラス製造工場の児童労働者

1908年に撮影されたコットン・ミルで働く女の子

コットン・ミルで働く女の子

元の画像。

コットン・ミルで働く女の子

1901年に撮影。10歳の女の子が重いバスケットを運んでいます。

児童労働問題

元の画像。

児童労働問題

小さな女の子が新聞を売っています。1910年5月の撮影です。

新聞を売っている小さな女の子

元の画像。

新聞を売っている小さな女の子

こちらは1911年に撮影されたアラバマ州の牡蠣工場で働く女の子。

牡蠣工場で働く女の子

元の画像。

牡蠣工場で働く女の子

1912年に撮影されたペンシルバニアの石炭工場の様子。劣悪な環境で子供達が働いています。

鉱山工場で働く子供たち

元の画像。

鉱山工場で働く子供たち

一番有名な写真。1920年に撮影された蒸気機関で働くエンジニアの作業進捗管理の記録。

蒸気機関で働くエンジニア

元の画像。

蒸気機関で働くエンジニア

こちらがルイス・ハインの写真です。

ルイス・ハイン

元の画像。

ルイス・ハイン

COMMENTS

WORDPRESS: 0
DISQUS: 0