西部戦線、塹壕戦の様子をカラー化

西部戦線、塹壕戦の様子をカラー化

第一次世界大戦の頃には銃の性能が著しく向上しており、狙撃が戦争のメイン攻撃となりました。うかつに頭を出すと頭を狙われますので、互いに塹壕からでることができず、西部戦線は長期戦となりました。今回はそのような塹壕戦の様子をカラー化しました。

西部戦線の塹壕戦の様子

元の画像。

西部戦線の塹壕戦の様子

西部戦線に参加をしていた英国のチャーシャー連隊です。

イギリスのチャーシャー連隊

元の画像。

イギリスのチャーシャー連隊

こちらも英国のランカシャーと言われる部隊です。

イギリスのチャーシャー連隊

元の画像。

英国のランカシャー部隊

頭を出せないので、スコープで敵陣の様子を確認していました。

塹壕戦でレンズを見る

元の画像。

塹壕戦でレンズを見る

土を掘るだけでなく、壁を作るだけの簡単なものもありました。

西部戦線の塹壕戦

元の画像。

西部戦線の塹壕戦

戦いが長期にわたるので、床屋もありました。

西部戦線の床屋

元の画像。

西部戦線の床屋

塹壕戦ではこういったアーチェリーのような武器が効果的でした。

アーチェリーで攻撃する

元の画像。

アーチェリーで攻撃する

第一次世界大戦では毒ガス攻撃もありましたので、兵士はガスマスクを持っていました。

ガスマスク

元の画像。

ガスマスク

COMMENTS

WORDPRESS: 0
DISQUS: 0