1910年代のファッションをカラー化

1910年代のファッションをカラー化

1910年代の前半はまだまだコルセットを付けているのが主流でした。しかし、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて行われた人類初の総力戦である第一次世界大戦により、女性の社会進出が進展しました。その際に、装着に時間がかかるうえ、動きずらいコルセットは次第に廃れはじめ、1910年代の後半にはあまり見られなくなりました。

また、ヨーロッパが戦争で消耗し、アメリカがファッションの中心へと躍進する時期でもありました。アメリカのファッションを紹介していた世界最古のファッション雑誌であるHarper’s Bazaarが新聞王であるウィリアム・ランドルフ・ハーストに買収され、その結果、発行部数を大きく伸ばしアメリカのファッションを世界に広げることに成功しました。

1910年のギャビー・デリス。パリ出身の彼女はたびたびVogueに取り上げられ、アメリカでも大人気の女優でした。

ギャビー・デリス

元の画像。

ギャビー・デリス

1911年頃に流行したホーブルスカートを着た女性。

1911年頃に流行したホーブルスカートを着た女性

元の画像。

1911年頃に流行したホーブルスカートを着た女性

1912年のパリの様子。おそらく競馬場で撮られた一枚です。当時、ロンシャン競馬場はセレブたちの社交場として賑わっており、自身の服を宣伝するためにファッション業界にとっても重要な場の1つでした。

1912年のパリの様子

元の画像。

Paris Fashions, 1912

戦争中のスウェーデンの造船所の様子。女性もズボンを着るようになりました。

女性もズボンを着る

元の画像。

女性もズボンを着る

1914年のアメリカのセーラーブラウス

1914年のアメリカのセーラーブラウス

元の画像。

1914年のアメリカのセーラーブラウス

ジャンヌ・パキャンのイブニングドレスを着たモデル(1915-17年)。ジャンヌ・パキャンは国際的に成功した女性のファッションデザイナーです。パリ出身ですが、1891年にパリで店を開き、1912年にはニューヨークでも店を開いています。

ジャンヌ・パキャンのイブニングドレス

元の画像。

ジャンヌ・パキャンのイブニングドレス

1915年のニューヨークの子供たちです。

1915年のニューヨークの子供たち

元の画像。

1915年のニューヨークの子供たち

1916年のニューヨーク。モダンなファッションになってきました。

1916年のニューヨーク

元の画像。

1916年のニューヨーク

1917年の冬服を着たブロードウェイ女優のアイリーン。ショートカットを早い段階で採用した女優の1人です。

冬服を着たブロードウェイ女優のアイリーン

元の画像。

ブロードウェイ女優のアイリーン

1919年のテキサス州の女性。この頃になりますと、完全にモダンファッションになっています。

1919年のテキサスの女性

元の画像。

1919年のテキサスの女性

COMMENTS

WORDPRESS: 0
DISQUS: 0